『旬のお勧めコーディネイト』
 
秋色小物で 蚊絣の濃地本塩沢に竪絽の八寸名古屋帯を
秋色小物で 蚊絣の濃地本塩沢に竪絽の八寸名古屋帯を

両手を左右に広げるように、年々長くなってゆく夏。
お着物もその気候の変化に合わせ、フレキシブルに考えませんか。 秋単衣には袷用の名古屋帯や袋帯も合わせますが、秋といっても実質、夏の気温や湿度の日には、袷用では何だかねえ…と思う日には、夏帯を秋色小物でコーディネート。帯締めと帯揚げを秋色へとシフトし、季節らしい装いへと仕上げましょう。

詳しくはこちら